読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

波と戯れ 雪で遊ぶ

波乗りとスノーボードときどきキャンプ。 思ったこと 感じたことを そのままに。

オグナほたかーday2

翌朝、第1駐車場に移動し夜中に着いた義兄ファミリーと合流。
 
朝食を済ませた後、早速準備をして、スキーセンター2階の無料休憩所に行くと、既にほとんどのテーブルが埋まっていた。慌てて場所を確保したわけだが、昨日とはうってかわって賑やかな雰囲気だ。
 
また今日はほぼ快晴といった最高の天気で、にわかにテンションも上がる。

f:id:si-zen:20150318205424j:plain

 

子供たちとのセッション(ロマンスコース)

早速、子供たちと第2ロマンスリフト乗り場に向かう。昨日は散々滑り倒したので、今日は子供たちとのセッションを楽しもうと思っていたので、早々にビデオを構えて撮影しながらロマンスコースを何本も回した。
 

f:id:si-zen:20150318205159j:plain

 
4歳の息子も従姉妹の6年生のRちゃんと1年生Aちゃんのお姉さんコンビに引っ張られるように一本滑るごとに上達していく。
 
終いにはスピードを出すのに完全にハマり、コース中盤に設けられているウェーブに入って、加速するのを楽しんでる様子。
 
親の心配をよそに、ものすごいスピードでロマンスコースを笑顔で滑走していく。何故か「ラッスンゴレライ!ラッスンゴレライ!」と叫びながら。。。www
 
危なっかしいので、すぐ後ろについて見ていると、いつ間にか人を避けながら滑り、リフト乗り場まで来るとしっかりと減速して止まれるようになっている。
子供の上達は早いもんだ。
 
昼食を済ませた後も子供達の快進撃は続き、初級コースを我がもののように滑っていく。
 
 

MAGIC38でパウダーをクルーズ

しばらくして初級コースでは物足りなさそうな義兄と6年生のRちゃんと一緒に山頂へと向かい、ほたかスカイウェイを滑ることに。
 
Rちゃんは序盤の中級斜面に手こずっていたようだが、斜面が緩やかになってくると、気持ち良さそうにクルーズしていた。
 
私は私で昨日堪能したコースから少しはずれたパウダーゾーンをMAGIC38クルーズ!
 
GENTEMSTICKはパウダー専用ボードではないというが、やはりパウダーを滑った時が、GENTEMの真価が発揮される時だと思う。
ピステンバーンからそのままパウダーに入っても、大きく乗り方を変える必要もなくラインも思い通りだ。
 
MAGIC38に乗る前、パウダーに入る時はもう少し慎重に様子を見ながら滑っていたのだが、今では何の不安もなく文字通り飛び込んでいけるのだ。
後は自分の意思をボードに伝えるだけで勝手に滑ってくれるような感じだ。
一瞬のパウダーでも最高の喜びを感じることができる。
 
この後も休憩を挟みながら、子供たちとリフト終了まで滑り倒した。
 
こうして2日目は、朝から晩まで子供たちと滑ったわけだが本当に楽しい一日だった。1人で中上級コースを黙々とすべるのも良いけど、子供たちとのセッションも最高だ!2日間のラストトリップを最高の天気と笑顔で締めくくることができたことに感謝!!
 
その後、帰り支度をして帰路についたのだが、はしゃぎにはしゃいだ息子は走り出して10分で夢の中へ。w
 
やがて高速に入った頃、急に車内が静かになった。
 
どうやら嫁さんも瞑想に入ったようだ。。。w
 
でも気にしない。私には音楽とコイツがいる。。。
 
 

f:id:si-zen:20150318205244j:plain