読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

波と戯れ 雪で遊ぶ

波乗りとスノーボードときどきキャンプ。 思ったこと 感じたことを そのままに。

男限定の滑り倒しツアー in Hakuba

snow trip

先週末は、白馬エリアへ行ってきた。

昨年末から企画していた「男限定の滑り倒しツアー in Hakuba」だ。

 

土曜日はAM3:30に出発し、一路白馬へ。

着いた先は岩岳スノーフィールド。

 

岩岳スノーフィールドは麓側のヴィレッジサイドと山頂側のマウンテンサイドの大きく2つのエリアに分かれている。

ヴィレッジサイドとマウンテンサイドは6人乗りのゴンドラでつながっていて、マウンテンサイドへ行くには、このゴンドラに乗って行くことになる。

逆にマウンテンサイドからヴィレッジサイドへは下山コースを経由して一氣に滑り降りてくることが可能だ。

 

ここは、地形が楽しめると聞いてからずっと来たいと思っていたスキー場なのだが、なかなか来ることができなかった。

というのも上述のとおり、滑走エリアが2つに分かれており、一度滑りに行くと帰ってくるまでの時間がどうしても長くなってしまう。

小さい子供がいる我が家はこまめに交代して滑ることが多いため、どのコースを滑ってもすぐにセンターに戻れる放射状にコースが広がるようなレイアウトのスキー場を中心に選んでいたからだ。

 

今回は男だけのトリップということで、そんな細かいことは氣にする必要もなく、ついに念願叶って初岩岳となったわけだ。

 

結論から言うと、想像通り、いや想像以上に楽しかった。

 

全般的に自然の地形を活かした造りになっているため、至る所にウォールやギャップなどの地形が豊富でスノーサーファーには涎モノのコースが満載なのだ。

 

朝一番は、まだゴンドラが動いていなかったため、まずはヴィレッジサイドのリフトを回すことにしたのだが、関東地方と北陸地方春一番が吹いた前日、ここ岩岳も気温も上がり一氣に溶けた雪が、この土曜日の朝の冷え込みでガチガチのアイスバーンになっていた。

 

最悪コンディションに、すっかりテンションは下がってしまい、今日は早々に宿に戻って宴会かなと思っていた所へゴンドラ運行開始のアナウンスが聞こえて来た。

 

とりあえず行ってみますか?ということでゴンドラに乗り込みマウンテンサイドへ行ってみることにした。

f:id:si-zen:20170221163218j:plain

 

あまり期待はしていなかったのだが、ゴンドラを降りて雪を踏んでみるとよく締まった雪で悪くない。

早速、板を履いて滑ってみると、所々硬いところはあるものの、場所によっては10cm程の新雪が乗っており、全然滑れるじゃんと一同の下がったテンションが再び上がる。

 

特にVIEW Aコースは天然ハーフパイプのようになっていて、左右の大きなウォールに次々と当て込むことが可能だ。

コース上には少し新雪があるものの底付きしてしまい若干難しかったが、それでも十分楽しいコースだ。

是非ベストコンディションの時にもう一度滑ってみたいと思った。

 

その後、午前中はマウンテンサイドの各VIEWコースと沢コースを中心に回したが、程よい斜度にウォールやギャップが点在していて、皆思い思いのラインを描いて楽しんだ。

 

午後になると、マウンテンサイドからヴィレッジサイドまで、約3km超のロングランをクルージングしてみた。

クルージングといってもそこらじゅうウォールだらけの当て放題。

片っ端から当て込みしながら滑ると1本で脚パンだ。

 

このロングコースが楽し過ぎて、脚パンになりながらもゴンドラで数本回してしまった。

ちょうどフロントサイドのレイバックを練習したかったので、フロントサイドのウォールはほとんどレイバックで突っ込んだ。

 

こうして集中力がなくなるまで、数えきれないくらい滑り、大満足で脚をガクガク、プルプルさせながら岩岳を後にした。

 

そして宿に戻り、第二部の宴会セッション。

ビール片手に鍋を喰らい、熱燗を飲みながら趣味のこと、仕事のこと、家族のこと、むかし話などに華を咲かせた。

 

 

翌日は宿から歩いていける栂池高原スキー場へ。

前夜の深酒により、少しゆっくり目のスタートとなったが、早速ゴンドラでハンの木コースを回す。

 

昨日とは打って変わって、ウォールが少ない栂池では綺麗にピステンされた広いコーデュロイバーンでのカービングターンが心地よい。

 

その後、白樺ゲレンデ、チャンピオンゲレンデを軽く回し、明日に備えて午前中で終了。

 

 

そして最後の〆はやっぱり温泉。

向かったのは、八方温泉 第二郷の湯。

f:id:si-zen:20170221163107j:plain

 

無色透明の強アルカリ性の温泉は、肌をスベスベにするらしい。

 

六角形のヒノキづくりの浴槽に入り、肌を触ってみるとすぐにスベスベ感を実感できた。

その他の効能は、神経痛、筋肉痛、関節痛などに効くようだ。

 

この2日間、いつもよりもアグレッシブに滑り、そしてコケまくって酷使した身体をじっくりと癒した。

 

これですべてのルーティンを終えて帰路へ着いた。

f:id:si-zen:20170221163443j:plain

 

今回のメンバーは皆それぞれ、普段は夫として、そして父として日々奮闘している。

この2日間、それらすべてから解放されて、ただ一人の男として趣味のスノーボードを満喫した。

 

この機会を与えてくれた家族に感謝しつつも、男だけのトリップでしか味わえない氣軽さと自由さを再認識し、来年も絶対やろうと皆でハイタッチしながら約束した。

 

また明日から社会の荒波に揉まれながら、奮闘する日々が始まる。

しっかりと充電をした僕らは、自分ため、家族のためにまた頑張れるはずだ。

 

そして5日が経過した今日、すでに充電が切れかかっている…